About TSC

 ロケット、銀河、はやぶさ、ブラックホール…、宇宙には様々な面白みがあります。宇宙はとてつもない時間スケール・空間スケールを持ち、我々に非日常を常に感じさせてくれます。そのせいか、ちょっと宇宙の不思議を知っただけで心が踊り、世界が広がったような感覚を感じる人も少なくないのではないでしょうか。そしてそれは子供の頃にたくさん経験できた事柄ではありませんか?大学生となり、大人となった私たちでも子どものように好奇心を震わせ、胸を踊らせてくれる物、それが宇宙なのではないでしょうか。そのような宇宙の面白さをたくさんの人に知ってもらいたいたく、学生団体として立ち上げたのがこのTSC(Tsukuba Space Cluster)です。

 

 私たち筑波大生の住むつくば市は、様々な研究機関があり研究学園と呼ばれています。そして、駅を出たら目の前にロケットが堂々と立ち、筑波宇宙センターもあります。「つくばと言ったら宇宙」と連想する人も少なくないのではないのでしょうか。そして、筑波大学には文系理系問わず、宇宙が好きな学生は多いと思います。TSCでは、そのような宇宙好きな学生が集まり、天文や宇宙開発だけに限らず、宇宙をテーマに様々な活動を行っています。内部では「宇宙を知る」「宇宙を楽しむ」事に重きを置き、内部セミナーを開いたり、科学館に遊びに行ったりしています。また、サイエンスカフェなどを通して、外部に向けて宇宙の面白さ・素晴らしさをアウトプットをする活動もしています。TSCの活動を中心に多くの人が宇宙を好きになってもらえるよう、みんなで宇宙を盛り上げていきたいと思います!

 

筑波大学大学院

鈴木 裕行

 

活動内容

定例ミーティング

毎週火曜日、大学内の教室を使って定期的にミーティングを行っています。主なミーティングの内容は以下のとおりです。

 

◯打ち合わせ、活動報告。

…Astro Cafeや、様々な活動の打ち合わせや、宇宙系イベント等の情報交換を行います。

また、TSC以外で宇宙の活動してきた報告を行って、情報共有をします。

◯フリートーク

…宇宙に関して自分の好きなことを発表します。

◯TSCセミナー

…天文・宇宙開発など宇宙に関して幅広い知識を共有するためにテーマ別に勉強会を行っています。

 

 

Astro Cafeの運営

定期的に宇宙をテーマとしたサイエンスカフェ「Astro Cafe」を運営しています。

詳細はAstro Cafeのページにてご覧ください。

シンボル

「このシンボルは太陽系を表しています。
実際の太陽系は太陽を中心として1つの体をなしていますが、このシンボルにおいては太陽だけでなく全ての惑星が中心的な存在感を示してお り、それぞれの軌道 に乗ってまわりながら、1つの方向性及びかたちを目指しているTSC(Tsukuba Space Cluster)そのものを表しています。」
 
 
筑波大学 芸術専門学群 3年
 青木風人 

今後の予定

  • 9/23、Astro Cafe開催!
  • 内部セミナー月間です

Facebook

Twitter